Nゲージ模型製作日記 気に入った車輌をNゲージで再現するために、今日も奮闘中の私です。

最近の記事
東北地方太平洋沖地震
03/27 20:47
αモデル111系→1…
05/09 20:13
αモデル111系→1…
04/28 23:19
αモデル111系→1…
04/20 21:32
αモデル111系→1…
04/19 21:38
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 01:41
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:41
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:54
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:36
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:46
最近のトラックバック
鉄道模型製作会戦果報…
09/25 00:18
さらに進捗
09/23 05:33

東北地方太平洋沖地震

遅ればせながら、今回の東北地方太平洋沖地震の被害に遭われました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
皆様の生活および被災地域が一日も早く復旧されることを心からお祈り申し上げます。

私自身は、日本がこういった状況で、わずかな義援金を出すことしか協力できないことに、なんともいえないもどかしさを感じております。
また、好きな模型を作ることが出来るということが、いかに幸せなことかと、あらためて考えさせられました。
日記 | 投稿者 kenyan 20:47 | コメント(9) | トラックバック(0)

αモデル111系→113系(14)

実は前回までの編成とは別に、もう1編成作り始めています。

「JRR’98年の編成表」の網干区F15編成です。
上りから、クハ111-5115、モハ113/112-5197、クハ111-5489です。
両端のクハはデカライトで、クハ111-5115(グロベン)を除き押込みベンチレータ装備車です。
その他の詳しい仕様は、私の別ページの「113系初期型形態分類」をご参照ください。

作業方法は同じですが、グローブ形ベンチレータの取付穴はφ2.0のプラ棒で埋めています。
また押込みベンチレータ車は、クーラー位置は車体の中心で構いません。


現状、まだこんな感じです。クハはライトも手スリも付いてない・・・


モハ112のパンタ付近です(まだ作業中)。左は比較用のモハ112-5150です。
押込みベンチレータ車のモハ112-197では、避雷器後ろの扇風機カバーは不要ですので削り取っておきました。
パンタカギ外し他はまだこれからです。

出来れば、塗装作業を一括でやりたいので、当面はこの編成中心の工作になりそうです。
αモデル111系→113系 | 投稿者 kenyan 20:13 | コメント(0) | トラックバック(0)

αモデル111系→113系(13)

今回はライトケースです。
このキットでは塗り分けを考慮して別パーツとなっていて、塗装後に付けられるようになっています。しかし、細かいパーツでなくしてしまいそうなので、先に付けておくことにしました。
単なる筒状のパーツですが、ケース横のヒンジやフック部分を表現したくなり、頑張ってみることにしました。

ヘッドライトは取り付け前に、内側のヒンジ部分をt0.14×0.5mm×0.3mmくらいのプラの小片を接着しておきます。
車体に接着後、外側のフック部分はt0.14×0.3mm×0.6mmくらいのプラ小片を接着し、さらに"C"形にしたφ0.1の線を接着しました。と書くと簡単ですが、実際は細かい作業で、1個のライトに小一時間はかかりました(Cだらけで視力検査みたいな状態!)
出来上がったものは、実車に比べるとかなりオーバースケールですが、私の実力ではこれが限界です。
実物の写真を見ると、この"C"形をしたものの他に"Ω"形をしたものがあります。Ωも作りたかったのですが、曲げがうまくいかず、早々に諦めました。

また、ヘッドライトケースの接着前にタイフォンカバーについても、ヒンジとフックをプラ小片で表現しています。

テールライトについては、まだこれからです。


ヘッドライトケース内側のヒンジ部の接着状態


正面から


フック部分を斜め横から
αモデル111系→113系 | 投稿者 kenyan 23:19 | コメント(0) | トラックバック(0)

αモデル111系→113系(12)

前回、ドアノブを落としましたので、再度付け直しました。
ただし、以前のようなランナー引伸ばし線の接着ではまた落としそうなので、穴を開けて真鍮線で植え込みました。


穴はφ0.2のドリルで開けています


ドアノブはφ0.2真鍮線をL字に曲げたものです
αモデル111系→113系 | 投稿者 kenyan 21:32 | コメント(0) | トラックバック(0)

αモデル111系→113系(11)

作業が進んでいません・・・
モハ112-150のパンタ付近のパイピングがひと段落したので、クハ111の作業に戻っています。

アルファモデルのこのキット、とてもいいキットなのですが、残念ながら前面の渡り板に成型時のヒケがあります。
このヒケ、個体差があるようで、ほとんど分からないものから、結構目立つものまであります。
当初はそのままのつもりでしたが、後で後悔するのもイヤなので改修することにしました。
最初はパテで埋めようかと思いましたが、面倒なのでタヴァサのパーツに置き換えました。

元のモールドは平刀の先で削り、#600~1000程度の紙ヤスリで仕上げています。
仕上げの際は手スリが邪魔でしたので、一旦はずしてから作業しました。
渡り板は「新型国電用パーツセットB」に入っているものです。
1輌はそのままベタ貼り、もう1輌は少し倒れかかった状態で、ゴム系接着剤で取り付けました。


作業の際にドアノブを落としてしまいました
αモデル111系→113系 | 投稿者 kenyan 21:38 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<  2011年 3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ホビダス[趣味の総合サイト]