Nゲージ模型製作日記 気に入った車輌をNゲージで再現するために、今日も奮闘中の私です。

最近の記事
東北地方太平洋沖地震
03/27 20:47
αモデル111系→1…
05/09 20:13
αモデル111系→1…
04/28 23:19
αモデル111系→1…
04/20 21:32
αモデル111系→1…
04/19 21:38
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 01:41
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:41
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:54
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:36
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:46
最近のトラックバック
鉄道模型製作会戦果報…
09/25 00:18
さらに進捗
09/23 05:33

αモデル111系→113系(3)

いつもの放置グセのおかげで、しばらくぶりの作業です。

やっと、編成のプロトタイプを決めました。
JRRの「JR電車編成表’98夏号」より、網干区F19編成としました。

編成はクハ111-5149 モハ113-5150 モハ112-5150 クハ111-5309です。

クハの2輌は、5149が113系ロットのもの、5309は111系ロットのものです。309が入ることによって、少しでも楽しようという考えです(笑)
各車の詳細な形態は以前調べた「113系初期型形態分類」によります。


ということで、工作の続きです。
クハ111-5149は、113系ロットのクハにするための作業です。
1つめに、側面のドアコック蓋の位置が違います。元のものを埋めて(瞬間接着剤にて)、少し前の窓下に新しく作ります。
新しいドアコック蓋は、枠付のものに改造されていたので、タヴァサのパーツ(PN-459)をしようします。ただし、このパーツ少し大き過ぎます。
周囲をヤスリで削って(特に上辺)、角を丸く落として使用しました。

左:未加工、右:加工後

なお、クハ111-5309は位置、形状ともキットのままでOKです。

上:クハ111-5149、下:クハ111-5309(キットのまま)

次に、クハ111-149は乗員扉上の水切がなく、雨樋が新製時より延長されたタイプです。
水切を削り取りますが、つでにこの付近のパーティングラインも消しておきます。
延長する雨樋は、t0.3プラ板を細く切り出したものです。長めに切って、ピンセットでの摘みシロを確保して接着しました。
接着剤が固着したら、アートナイフの先と耐水ペーパーで形を整えました。

左:クハ111-5149、右:クハ111-5309(パーティングラインの修正のみ)

現在のところ、作業はここまでです(前回から、1ヶ月以上経ってるのに・・・)
次回は1ヶ月以内に更新を・・・出来るかな?
αモデル111系→113系 | 投稿者 kenyan 11:35 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2010年 2月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
ホビダス[趣味の総合サイト]