Nゲージ模型製作日記 気に入った車輌をNゲージで再現するために、今日も奮闘中の私です。

最近の記事
東北地方太平洋沖地震
03/27 20:47
αモデル111系→1…
05/09 20:13
αモデル111系→1…
04/28 23:19
αモデル111系→1…
04/20 21:32
αモデル111系→1…
04/19 21:38
最近のコメント
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 01:41
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:41
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:54
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:36
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 14:46
最近のトラックバック
鉄道模型製作会戦果報…
09/25 00:18
さらに進捗
09/23 05:33

αモデル111系→113系(13)

今回はライトケースです。
このキットでは塗り分けを考慮して別パーツとなっていて、塗装後に付けられるようになっています。しかし、細かいパーツでなくしてしまいそうなので、先に付けておくことにしました。
単なる筒状のパーツですが、ケース横のヒンジやフック部分を表現したくなり、頑張ってみることにしました。

ヘッドライトは取り付け前に、内側のヒンジ部分をt0.14×0.5mm×0.3mmくらいのプラの小片を接着しておきます。
車体に接着後、外側のフック部分はt0.14×0.3mm×0.6mmくらいのプラ小片を接着し、さらに"C"形にしたφ0.1の線を接着しました。と書くと簡単ですが、実際は細かい作業で、1個のライトに小一時間はかかりました(Cだらけで視力検査みたいな状態!)
出来上がったものは、実車に比べるとかなりオーバースケールですが、私の実力ではこれが限界です。
実物の写真を見ると、この"C"形をしたものの他に"Ω"形をしたものがあります。Ωも作りたかったのですが、曲げがうまくいかず、早々に諦めました。

また、ヘッドライトケースの接着前にタイフォンカバーについても、ヒンジとフックをプラ小片で表現しています。

テールライトについては、まだこれからです。


ヘッドライトケース内側のヒンジ部の接着状態


正面から


フック部分を斜め横から
αモデル111系→113系 | 投稿者 kenyan 23:19 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2010年 4月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ホビダス[趣味の総合サイト]